FC2ブログ

2020年 (bebeya通信)

編集部より
下の写真は帯の写真です。
オリンピック帯30-12-07
これらの帯は、2020年の東京オリンピックまでを目指して、参加国それぞれの国をイメージして作られたもので、着物と対になっています。着物は着物メーカー、帯は帯メーカーが作成していくというキャンペーンの中の一部です。
ここにお見せしているのは、西陣、渡文が制作したものですが、他にも担当する国々があり、完成しているものの一部だけを先行して掲載させて頂きました。

帯は現在非売品ですが、全て完成の暁には皆さんのみに触れる機会も多いと思います。
どの帯がどの国に該当しているか は、小さな写真で恐縮ですが皆さんで想像してみてください。それぞれの国に了解を得ながら進めて行く制作過程では、その調整や色の使い方、構図など、それは深い交渉の末に完成したという裏話はいずれまたの機会に掲載します。

こういった世界にアピールするこの国の文化や織の技術には、なんとなく夢が広がりませんか。
スポンサーサイト

縮緬人形展 梵 (bebeya通信

編集部より
最近編集部からのお知らせが続いていますが、皆さんにチェックして頂きたい情報が続いていますのでお知らせしています。

冬のコート展が、本日から来週の火曜日まで東京店で実施しています。カシミアやアンゴラなど冬場に着物の上に羽織る一枚をこの機会にぜひお揃え下さい。今回の展示はとてもお安くなっていますのでお得です。

梵人形展18-101

前回皆さまにお知らせしている実際の風景です。
写真は12月3日からスタートしている「時代裂屋 梵」縮緬細工展の展示です。玄関正面を映したものですが、ショーウインドウには、クリスマスのレイアウト、入って右には雛祭り、左には端午の節句と季節を切り分けて並べていますので一度ご覧になられてください。
全て、MADE IN JAPAN の古裂、縫製とそれはそれは、珍しいものばかりです。
非売品も一緒に並べていますが、こんな細工物が京都で受け継がれている雰囲気を味わうだけでも至福のひとときです。

7日・8日は「帯は芸術」。
渡文の確証を総なめにした凄い製品がご覧いただけます。普段は京都の「織成館」から門外不出と言われた鑑賞だけしかできない帯も数点来ています。
こちらも一見の価値があるものばかり。

皆さまのご来店をお待ちしています。

芸術だ(bebeya通信)

編集部より
bebeya東京店、大処分市ではたくさんのご来店をありがとうございました。

写真は東京・神奈川のお客様のお手元には既にご案内が届いておられるかもしれませんが、12月イベントの案内を看板にしています。
12月用看板18-11-20

梵というメーカーの ちりめんの細工物(干支の人形や可愛い絹で出来た置物など)の展示が12月3日から始まります。
帯や着物の端裂で作られ、この国に古くからあった子供用の玩具、玄関に縁起物として置かれた絹細工の飾り物 などを展示・販売します。最近では隣の大陸産の機械で作られた汎用品がたくさんショップに並んでいたりしますが、この展示会では、made in JAPAN のしかもハンドクラフト(手作り)のものが、多数並びます。
見るだけで思わずホッコリした気分にさせてくれる愉快な動物の絹細工は一見の価値がありますよ。

また12月7日8日は、帯は芸術だというタイトルで、普段は絶対に店頭で見られない帯や、舞妓さんの衣装などを展示し、製作者が来られて楽しい話を聞く ひと時を体験できます。
こちらには、製作過程で織られた試作品、きもの雑誌の中でモデルが着用した帯などを廉価で購入することも出来るようにしております。
製品は全て「渡文の帯」です。
是非、覗いてみてください。

冊子(bebeya通信)

編集部より
新しい冊子が出来ました。
今までは、悦文カルチャーの本をお客様に本屋さんで ご購入して戴いていたのですが、開いたときに厚みのある本であったため開いたままの状態を保持するのが難しかったり、持ち運びするのに重たいという欠点がありました。
そのようなご指摘もあったことから、本の内容の一部を抜粋した教本という位置づけ発刊しています。
冊子18-11-07w

ご興味のある人はご遠慮なくお電話ください。
℡ 0120-814-001

大処分市(bebeya通信)

編集部より
今週初めから1週間の予定で、bebeya開店1周年を記念して、その間に出たハンパ物、モデル着用着物、帯を大特価で、その名の通り大処分をしております。

初日の混雑を避けるため ここでのご案内は終盤の時期になりましたが、今でもまだまだたくさんの商品がありますので、是非bebeya人形町店をのぞいてみて下さい。
大処分市看板18-11-07

プロフィール

えつぶん

Author:えつぶん
悦文カルチャーを通して色々と見たもの、聞いたものを皆さんに報告するコラムです。

最近の記事
月別アーカイブ
リンク